WRLD FLVRS in NRT / The CREW Report - Part 1



本日は現在、The CREWとコラボ企画を実施しているWRLD FLVRS ( ワールドフレーバー )のご紹介をさせていただきます。


当ブログをご覧頂いている読者の皆様は「 機内食 」と聞いて、どんなイメージをお持ちですか?

旅行した時に飛行機の中でしか食べれないもの... と思う人も多いはず。

そんな特別な機内食があなたのご自宅で召し上がれる宅配グルメサービス" WRLD FLVRS "は大手機内食製造会社のゲートグルメジャパン様による新事業。


世界各国の料理が味わえるメニューは、国際線エアラインのファーストクラスで上位ランキングでも表彰されたもの。国際色豊かなシェフ達が腕をふるった本場の料理を特殊加工した真空パックに入れ、冷蔵状態でお届けした後、「ご自宅でたった15分湯煎するだけ」で " 雲の上のご馳走 "をお楽しみいただけます。


今回素敵なご縁を頂き、The CREWとのコラボ企画を開催するにあたり、成田空港滑走路に隣接する本社へ招待いただきました!一般の方は中々訪問できない機内食製造の裏側をレポートさせていただき、大変ありがたいことにWRLD FLVRSの美味しい料理を各種試食させて頂くことができました。


海外旅行に行けない今、当レポートで少しでも旅行気分を味わってみてくださいね♪

それでは、The CREWによる工場見学レポート Part.1をぜひご覧ください。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ✈︎



4月某日、成田空港近くにあるゲートグルメジャパン本社にて、入口を進み奥まで案内されると契約している各航空会社の飛行機模型がずらりと並んでおり、中には珍しい航空会社も...!



到着するやいなや担当者の方とシェフの方が笑顔で案内していただき、ランチタイムの到着ということもあり、まずWRLD FLVRSの各料理を試食させていただくことに。


▼ こちらは沸騰前の約85℃のお湯で15分湯煎した真空パック状態のスペシャルローストビーフ



WRLD FLVRSの商品は、プロの技 Sous Vide ( 低温真空調理技術 ) を駆使し、丁寧に下ごしらえした食材を真空パックしてから、

専用のスチームオーブンで正確な温度制御のもとにじっくり低温加熱しているので見た目の仕上がりもレストランで提供されるものと一切変わらないことに驚きました!

( 冷凍食品の場合、食材の色味や食感が落ちてしまいますよね... )




▼ こちらはラムショルダー。お肉の柔らかさはもちろん、付け合わせのピューレやソースも味のバランスが素晴らしく、丁寧に調理されていることが伝わります。






写真は日本人シェフの仲本さん。笑顔で迎え入れていただき、楽しそうに盛り付けをしてくださいました。

今回訪問をして、お料理が美味しいという印象が残っているのと同時に、何より社員やスタッフの皆さんがとても明るく、楽しく仕事をされている姿を目の当たりにして、とても素敵な社風のように感じました。

世界各国の航空会社との契約をされていることから、シェフ達の国籍もワールドワイドな環境。お互い完璧に言葉が通じなくても、世界共通の "食" を通じて毎日和気あいあいと業務をしている、と仲本シェフが笑顔で話されていました。


新メニューの開発中は各シェフの母国の味を思い出しながら試作してみて、みんなで試食会を定期的に実施しているとのことで、聞いているだけで私も参加してみたい!と思ってしまったほど。





▼ タイ料理のビーフマッサマンカレーは濃厚でマイルドなカレーがジャスミンライスとよく絡み合う納得の味付けでした!付け合わせのピクルスやスープも付いているので食卓が一瞬で華やかに。